当院の歯列矯正

おおの歯科医院の歯列矯正治療における診療コンセプト

おおの歯科医院の歯列矯正治療における診療コンセプト

小児矯正では成長期にあるお子さまの成長力を活かした骨格矯正をおこないます。骨が柔らかく、大きさや成長方向を変えられるこの時期に理想的な骨格に近づけて、自然にかつ安定した歯並びをつくっていきます。そして舌や呼吸運動そして嚥下運動を正常に近づけ、鼻疾患、アレルギー、喘息などの呼吸器疾患などにも注目し、改善を目指します。

成人矯正では定められた骨格の中で、前後的、垂直的に理想的な歯列とかみ合わせを獲得し、かつ顔貌との調和を考慮した機能的にも審美的にもレベルの高い矯正治療を行います。また成人で80%程度のかたが罹患しているといわれる歯周病に注意をはらい、むし歯とともに予防歯科による管理を並行しながら矯正治療を行います。

また、おおの歯科医院ではインプラント治療、矯正治療、補綴治療を組み合わせた包括的な治療も行っており、全顎的にバランスを失い、機能的に不安定で、将来崩壊する可能性のある口腔内を長期にわたって安定する歯列、咬合を獲得できるように治療していきます。

信頼できる矯正歯科をお選びください

矯正治療は歯科治療の中でも、比較的トラブルが多いように思われます。
やはり矯正については、専門的な経験を積んでいる歯科医院で行うほうがよいのではないかと思います。
なぜなら治療期間が長いために、矯正治療の経験が浅いままですと、治療結果を正しく予想して治療方針を決めることができないからです。

矯正歯科には、日本矯正歯科学会が設ける「認定医制度」があります。これは大学など矯正歯科専門の研修機関で5年以上矯正治療について研鑚した上で、検定審査を経て得ることのできる資格です。
おおの歯科医院の院長は大学・大学院で矯正歯科について専門的に学び、矯正歯科認定医の資格を取得しています。
またおおの歯科医院は、きっちりとした感染対策や充実した医療サービスの提供など、厳しい基準をクリアしたところにだけ認定される「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」(神戸市垂水区では2割程度)となっています。

取り扱っている矯正装置

ワイヤー矯正

舌側矯正装置

歯に装着し、ワイヤーの引っ張る力で少しずつ歯を移動させます。歯の表側に装着する「表側矯正装置」、歯の裏側に装着する「裏側矯正装置(舌側矯正装置・リンガル矯正装置)」、上あごの裏側と下あごの表側に装着する「ハーフリンガル矯正装置」の、3つのタイプがあります。

歯に接着するブラケット部分も、メタル、プラスチック、セラミックと選択肢があります。当院では基本的に、歯になじみやすいプラスチックブラケットを用いています。つけている感じがあまりしないのがポイントです。
もちろんセラミックブラケット、メタルブラケットも歯の状態に合わせて選択できるようにしています。

マウスピース型矯正装置

透明なマウスピース型矯正装置を歯にはめて動かしていきます。歯の移動に合わせて2週間に1回くらいのペースでマウスピースをつくり替えます。
ダイナミックに歯を動かすことはできませんので、症例によっては使えないなど制限があります。

お気軽に
お問い合わせください

診療時間 日・祝
9:00~13:00
14:30~18:30
078-220-4929 078-220-4929
pagetop